2021/9/15-2021/10/30までの火星の動きによる蟹座の運勢

▼今トレンドのまとめ▼
4.蟹座(星占い)
▼おまとめ様▼
▼2chまとめあんてな1様▼

あなた様の火星で見る【情熱を傾けるフィールド/燃えすぎる炎に注意すべき点】

火星は約2カ月前後のスパンで、どこの部分に情熱を注ぐのか、熱くなるのか、闘争本能を見出すのか(転じてトラブルなども意味します)を教えてくれます。基本的には凶星と言われていますが、いわゆる「興奮剤・カンフル剤」ですからうまく活用すればそれはそれでプラスに転じることが出来るのです(^ω^)
太陽も同じようにバイタリティ(どこに力を入れるのか)を意味しますが、火星のそれとは違ってもっともっと広い意味での統括的な力の入れどころを意味します。



例えるなら太陽は社長として「会社の方針としてこういうふうに進めていくぞ!こういうふうに全体的に盛り上げていくぞ!」っていう部分、火星は現場の社員単位で「この業務・タスクを一生懸命やるぞ!」っていうようなイメージですね。
火星には太陽のような総合的なパワーっていうのが無いのです。もっとピンポイントな一転集中、短期集中的なものというような感じです。



火星の活用がうまい人ですと「今はここのフィールドで無茶するパワーがあるんだな」と良くも悪くも起爆剤としての使い方が出来ます。
まぁその起爆剤が火薬庫として爆発するケースもあるんですが笑
いずれにせよ約2カ月スパンの「ピンポイント爆撃期間」を知ることで良くも悪くもトラブルの火種を消すとか、ここを少し無茶して良いんだなぁという時期がわかることでしょう。
本来は他の星との角度形成なども考慮するのですが、なかなか大変なので部屋の意味だけをお伝えします。

火星が【4.家庭の部屋】を運行中
ここの部屋を火星が運行すると基本的な意味としては家庭、家族、住居におけるトラブルが予想されるというものがあります。
というのも何だかカッカと家族の一挙手一投足であったりとか、言動といったものにトゲが出やすいのです。



火星は情熱の星ですからそういうトラブルや衝突といったものは「そこを盛り立てよう」とか「ここの部分をテコ入れしたい!」という攻めの気持ちから生じるものなので、悪いことではないのですが…。
ただ逆に言えば家庭や家族、住居、地元といったものにおいてブルドーザーのように取り扱っていけるということを考えれば、何だか燻っている家族間の悩みを荒療治で解決する・膿を出すとか溜まっている家事をこなすとか家回りのことを徹底的に調べるといったようなことで活用が出来ます。


独り暮らしなど、家族と離れて暮らしている方にとっても逆にそういう状況だからこそ、離れた家族への想いが高まるということも言えるでしょう。
▼毎週の運勢は以下のブログでアップしていきます




■12星座別占いリンク集~ビッケイ占星研究所~■





【火星で読み解く1年間運勢】